安心して依頼できる切手買取のお店を選ぼう!

大切にして来た切手だからこそ切手の価値に見合う金額で売却

切手には額面があり、額面分のお金を支払って郵便局で購入をします。しかし、記念切手や特殊切手は発行枚数が決まっているので、郵便局で売り切れてしまうと、専門店で額面よりも高い金額で購入しなければ集める事が出来ませんね。
また、古い時代の切手は専門店を利用しなければ購入が出来ない、額面が10円の切手でも数百円から数千円、中には数万円と言う金額で購入するコレクターも多くいます。大切にして来た切手だからこそ、切手の価値に見合う金額で買取りしてくれるお店を選ぶ事が大切です。
切手の価値と言うのは専門店などを利用する事で鑑定士や目利きを行う人が見出してくれるので、信頼する事が出来るお店、切手に精通した鑑定士などがいるお店を選びましょう。

買取り価格はお店に応じて異なります

切手の価値は相場価格を基準にしていますが、買取り価格=相場価格と言う事ではないのが特徴です。
切手の状態に応じて査定評価が異なってくるため、切手の状態を鑑定士が見て値段を決めているため、お店により買取り価格には差と言うものがあります。
切手の価値を熟知している鑑定士がいるお店の場合、切手の状態が悪いものでも高価買取りして貰える事もあります。
例えば、古い時代の切手は裏面の糊が剥がれているもの、日焼けをしているものも多くあり、状態が多少なり悪くても現存数が少ない切手、価値ある切手なので高い値段で買取りしようと言う事になるわけです。
腕のある鑑定士がいるお店を選べば、買取りが難しいものでも売却が出来るケースもありますよ。

© Copyright Postal Museum. All Rights Reserved.